ぐんたま

自転車絡みと食べたものをメインとし不定期に更新です。
TOPスポンサー広告 ≫ 夏の探索 火山の側山その2TOP自転車で行く ≫ 夏の探索 火山の側山その2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

夏の探索 火山の側山その2

第1の山から戻ってきて第2の山へ向かうため林道に入ります。
120804_030.jpg
ゲートの横に迂回があります。
入り口は藪に見えますが入ってみると意外と綺麗な道です。

しかしこの林道はじめはペダルを漕がなくても良かったのですが、気づくとずっと漕いでいたりと少しのアップダウンでほぼフラットな林道です。
途中でオフロードバイクの集団が抜いて行きました。メジャーなのでしょうか。
また木々に覆われており暑さはそれほど感じませんがつまらない
見所何もありません。
唯一途中で埋もれた砂防ダムと絶壁がありました。
120804_033.jpg120804_034.jpg

第二の山付近まで来ると林道が分かれており、第二の山方面に向かう林道を今度は登っていきます。
お昼を過ぎておりさすがにお腹がすいたので途中で昼食です。

昼食をとり休憩後林道を再び登り、途中から山への入り口に入ります。
途中で血の滝と呼ばれる滝があるようなので見学です。
鉄分を含んでいるためか水が赤く濁って滝を流れています。
120804_037.jpg
そばにはお不動さまがまつられています。
120804_038.jpg

再びトレイルへ戻り登っていきます。
最後の林道を横切り本格的に頂上を目指します。
ここから暑さと疲れで厳しくなって来ました。

途中で不思議な川を発見。
120804_041.jpg
幅1m位の用水路のような川です。自然にこのようになったのでしょうか。
水は透明ですが底に溜まった泥は鉄サビのような臭がします。
ここから少し登ると池がありました。
120804_042.jpg
おはぐろ池と云うそうです。ここから先ほどの川へ流れています。

休み休み厳しい登りを登っていきます。
開けたところに出て頂上へは後少し、頑張って担ぎます。

そしてやっと頂上。
120804_043.jpg
風が気持ちよくそして景色が素晴らしいです。

遠くで雷が鳴り始めたので下り始めます。
なかなかテクニカルで、でも行けてしまう面白い下りです。
途中で見所第2源泉。
120804_048.jpg
水が結構な勢いで湧いています。

途中からはガレ道になりなかなかの距離を下りました。
隊長と二人でフルリジットでしたので腕がパンパン、足はつりそうになりながらクタクタになってデポ地まで戻りました。
スポンサーサイト

Comment

編集
ココら辺・・自分のハスクバーナな友人もお気に入りらしいです~
赤城の(監視員)影響ってスゴイですね(汗)
2012年08月07日(Tue) 15:46
Re: タイトルなし
編集
>練りから氏 さん
ココら辺涼しく虫もあまりいなかったので快適でした。
帰り道自宅に近づくにつれて暑さが・・・
しばらく藪を避けるため林道メインで間があれば回ろうかと思っています。
2012年08月07日(Tue) 20:45












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。