ぐんたま

自転車絡みと食べたものをメインとし不定期に更新です。
TOPスポンサー広告 ≫ ヘッドパーツ挿し直しTOPメンテナンス ≫ ヘッドパーツ挿し直し

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

ヘッドパーツ挿し直し

花粉症で山へ行けないのでメンテナンスを行います。
かと言って長い時間外での作業は辛いのですが・・・(T_T)

Ragley Pigletのハンドル回すと重くなる箇所があります。
ヘッド周りが怪しそうなのでもう一度組み直すことにします。

ちょっと気持ちですが精度を上げていようと治具を作成しました。
130316_001.jpg
簡易フェイシングと圧入治具

ヘッドチューブのカップ接触面の塗装剥がしとカンタンに面だしです。
イメージはこんな感じで
ヘッドフェイシング-1

ヘッドチューブの穴に対してカップの接触面が平行になるようガイドで軸心を出し、円盤にヤスリを貼り付けて削ります。
130316_002.jpg130316_003.jpg

グリグリと
130316_004.jpg

出来上がりはこんなかんじで。
130316_005.jpg

上下施行しました。

次は圧入。
まずはガイドを使用して片側のカップを圧入。
130316_010-1.jpg

130316_012-1.jpg

130316_007-1.jpg

もう一個は圧入で使用した治具を当ててもう一つ挿入。
130316_013-1.jpg

ちょっとずれましたが完了。
まぁまぁマシになりました。
しかしよく確認するとヘッドパーツの不良っぽい気がします。
ベアリングがカップにきちんと入らずカップが歪んでいました。

入れ替えかな~。
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。